メインに戻る

 黒くない黒湯??

誠に遺憾です。

黒湯の温泉の成分がフミン酸、と何度も言いましたが・・・やっぱりこれが悲しいかな・・・原因です。黒湯を抜色するのは意外にカンタンなようです。まず、安全な方法からいうと、高分子ろ過フィルターという物体です。これを使うと、フミン酸のような大きな分子は遮断されてしまって、当然のように薄い色か無色のお湯が浴槽に注がれます。弱点は、フィルターの目詰まりを起こさないようにするメンテナンス。まぁ、フミン酸のメリットは失われてしまいますが、黒湯に抵抗感がある人でも入れちゃいます。更にそこに入浴剤でも入れて緑色とかにしちゃえば、もしくはラドンやトロンなどの放射性物質の添加、麦飯石の薬効を加えれば人気はバツグン・・・てゆう訳です。もちろん、浴槽に湯の華が漂うなんてこともありません。

さて、もう一つの方法は・・・私たちは徹底的に反対したいのですが、「塩素消毒」です。ここでいう塩素とは「次亜塩素酸Na」つまり、カルキです。これは、殺菌以上に漂白に有効な物質です。家庭用の塩素系漂白剤はほぼ同じ成分です。これをたくさん使うと黒湯が透明に!!・・・って、ここまでコメントをしてきたものを全て無駄にしてくれるような方法です。デメリットはとても大きく、気化した塩素を多く吸収しやくなりやすいだけでなく、肌からも脱脂したり、それこそトリクロロメタン(クロロホルム)の大量生産でしかありません。もちろんあからさまに、塩素臭や独特な匂いがして、さっきまで毒性うんぬん言ってた物質が視覚・嗅覚でまで判ってしまうのです。

最初の方法は、まぁインパクトには欠けますが安全性は比較的優れていると言えます。

しかし、もう1つのほうは「論外」です。現にこれを採用していた温泉銭湯で潰れてしまったところは私たちも数々でよく記憶に残っています。実はさりげなく「保健所の通達を無視して」黒湯を保っている(正しくは「無視」、ではなく抜き打ち検査逃れでその日限りの塩素の多量投入)はきちんと残っていて、病気を発生したという事実も聞き及ぶ範囲では皆無です。

本当は、保健所のするべき対策は「塩素濃度」ではなく、「浴槽の感染性がある細菌数」を調べることではないのでしょうか?このままだと、健康な人が塩素被曝によって不健康になりかねないことだってあるんです。ちなみに、塩素被曝の一般例だと、夏場の水道水は細菌数が増えるために限界近くまで塩素を添加していて、その影響で洗浄(洗濯・食器洗い)を行なうと、皮膚が疥癬のように乾燥してひび割れて毎年夏場は悩んでいる人は多数います。それで飲料水に適すると言えますか? 行政の怠慢とも支配とも言えるような状況・・・私だったら、抜色していない塩素の少ない温泉を選択してキレイな肌を保たせますが、みなさんはどうでしょう?

メインに戻る